こんにちは。

千葉県鎌ケ谷市の行政書士「河田将人」です。

本日3月15日より「住宅宿泊事業」の受付が開始されます。

現在、民泊として営業している物件は「ヤミ民泊」と思われるものが多く見受けられますが、6月15日の「住宅宿泊事業法」(民泊新法)の施行に伴い届出をせずに民泊を営業すると「6か月以下の懲役または100万円以下の罰金」(またはこれを併科)するとされています。

今まで無許可で営業していた場合でも、これを機に「住宅宿泊事業」の届出を行いましょう。

大手民泊仲介サイト「Airbnb」も違法営業の民泊物件については掲載しない方針との発表もありました。

これでは集客はできませんね。

「住宅宿泊事業の届出」は「河田行政書士事務所」にお任せください。