民泊 許可 届出 申請 手続き 民泊新法 住宅宿泊事業者 千葉 東京 全国

3つの制度比較

  • HOME »
  • 3つの制度比較
 旅館業法
(簡易宿泊所)
国家戦略特区法
(特区民泊にかかわる部分)
住宅宿泊事業法
(民泊新法)
所管省庁厚生労働省内閣府(厚生労働省)国土交通省
厚生労働省
観光庁
許認可等許可認定届出
住専地域での営業不可可能
(認定を行う自治体ごとに、制限している場合あり)
可能
条例により制限されている場合あり
営業日数の制限制限なし2泊3日以上の滞在が条件
(加減日数は条例により定めるが、年間営業日の上限は設けてはいない)
年間提供日180日以内
(条例で実施機関の制限が可能)
宿泊者名簿の作成・保存義務ありありあり
玄関帳場の設置義務
(構造基準)
なしなしなし
最低床面積最低床面積あり
(33㎡。ただし、宿泊者数10人未満の場合は、3.3㎡/人)
原則25㎡以上/室最低床面積あり
(3.3㎡/人)
衛生措置換気、採光、照明、防湿、清潔等の措置換気、採光、照明、防湿、清潔等の措置、使用の開始時に清潔な居室の提供換気、除湿、清潔等の措置、定期的な清掃等
非常用照明等の安全確保の設置義務ありあり
6泊7日以上の滞在期間の施設の場合は不要
あり
家主同居で宿泊室の面積が小さい場合は不要
消防用設備等の設置ありありあり
家主同居で宿泊室の面積が小さい場合は不要
近隣住民とのトラブル防止措置不要必要
(近隣住民への適切な説明、苦情及び問い合わせに適切な対応するための体制及び周知方法、その連絡先の確保)
必要
(宿泊者への説明義務、苦情対応の義務)
不在時の管理業者への委託業務規定なし規定なし規定あり
PAGETOP
Copyright © 河田行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.